妊婦に最適なドレス

花嫁

結婚式のタイミングで妊娠が重なることは珍しくありません。ダブルのお祝いとして、結婚式の場で両方のお祝いをする夫婦もいるものです。その際に気になる点がドレスでしょう。基本的に花嫁が着用するウェディングドレスは、ウエスト部分が細く締め付けられるような作りになっているものです。しかし、妊婦のお腹を締め付けてしまっては大問題になるでしょう。その為、妊婦のお腹を締め付けずとも花嫁らしい華やかなデザインを楽しめるドレスとして、マタニティドレスが誕生しました。妊娠期間中に結婚式当日までに、どんどんウエストのサイズが変わることが予想されるので、マタニティドレスは豊富なサイズが取り揃えられているものです。結婚式場にもレンタル可能なマタニティドレスが用意されていますが、レンタルドレス専門店を利用するとさらに多種多様なドレスの中から選ぶことができます。

女性が着用するドレスのスタイルにはいくつかの種類があり、プリンセスライン、Aライン、マーメイド、スレンダーなどが含まれています。最も王道なウェディングドレスとしてプリンセスラインが人気を高めているでしょう。しかしプリンセスラインの場合、ウエスト部分を締め付けるデザインとなるので、マタニティドレスとして選ぶには難しいものです。妊婦からはウエストから下の部分をゆったりとしたデザインにさせ、ドレスの裾丈をミニにして細さを出すデザインのマタニティドレスが人気を博しています。結婚式最中に転ぶことがないよう、ヒールのない靴を選ぶことも重要でしょう。